石原です!

初めまして。小川町店に勤務しております石原と申します。
こちらのブログに投稿させていただくのはこれが初めてです。よろしくお願いします。

小川町店では限定メニューとして鍼灸・整体施術がございます。
必ず国家資格取得者(鍼灸師)が施術を行いますので安心してご利用ください。


ここで鍼(はり)についてひとつマメ知識をご紹介します。

“針”という漢字と“鍼”という漢字がありますよね。
おそらく圧倒的に“針”の方が認知度が高いと思います。

みなさん“はり治療”と聞くと、まずこちらの“針”をイメージされる方が多いようです。
いかにも痛いイメージですよね(+_+)
お裁縫をされてる時に指先をチクッとした、あのイメージがついて離れないかと思います。

はり治療の“鍼”は字が違う以上、意味にもちゃんと違いがあるのです。

 

お裁縫の“針”は、刺すための道具。

はり治療の“鍼”には「気を感ずるための道具」という意味があるのです。

 

“刺す”ことが目的ではなくそもそも“気の流れを感じるためあるいは気を通すため”という目的の道具なのです。
必ずしも刺さないのです。
実際に刺さない治療法もメジャーに存在します。

例えば

 

“接触鍼”

読んで字のごとく、鍼を皮膚に接触させるだけの手技です。

刺さないんです。

主に自律神経を整えたり、表面のざわつきを鎮めます。

経絡治療でよく用いられます。

それから

 

“散鍼”

散らす手技です。

刺さないんです。

皮膚にたくさんの接触鍼をハイスピードで施します。

表面の広範囲のざわつきなど、興奮した交感神経を鎮めます。

スタンダードな基本手技の一つです。

 

とくに接触鍼を本当の意味で使いこなせる先生は、相当な高水準の先生といえます。

本来の意味の通りに気の流れを感じながら整える手技ですので、然るべき知識と経験が伴わなければ、まったく意味がわからないものなのです。ぼくも昔はちんぷんかんぷんでした。

むしろ言い換えるならば、これができて初めて一流かどうかと評価されたりもします。(あくまで東洋医学的スタイルとしての評価です)

 

いかがですか?

ジャンルが東洋医学ですから、少しわかりにくい表現が多かったかもしれません。

わからないことはどうぞ遠慮なく、どんどんご質問をお寄せください!

お待ちしております!!

少しでもはり治療のイメージが良くなったなら嬉しいです♪


小川町には4名の鍼灸師がおります。

みんな個性的な手技で施術を行っておりますため、接触鍼に縁のないスタイルの者もおりますが、患者さん一人一人のその日その時の症状に合わせたベストな施術を行う事ができる先生ばかりです。

急性の痛みや、慢性のガンコなコリにお悩みの方、とくにおなかや原因の良くわからないような不定愁訴にお悩みの方は、まず小川町にお問い合わせくださいませ!

一同心よりお待ちしております!!

 

*文中にある接触鍼などの手技は、山ほどあるスタイルの中のほんの一つに過ぎません。接触鍼が適応の方に使用させていただくことがある、という主旨のものです。このため接触鍼そのものを目的としてお越しいただいても、対応いたしかねる場合がございますのでどうかご留意くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です