全国一斉花火 主催者ってどんな人たち?

この記事は2分で読めます

こんにちは、神田駅前店の平野です。

昨日はコロナがなければオリンピック開催式だった日でしたね^^;

そんな中「全国一斉花火」が8時に行われ、twitterでもたくさんの花火が投稿されていました。

 

ところで「全国一斉花火」を行った主催者ってどんな人たちだったの?

と素朴な疑問があったので調べてみました。

 

正式名称「全国一斉悪疫退散祈願Cheer up!花火プロジェクト」

出典:https://www.cheeruphanabi.com/

 

新型コロナウイルスの感染拡大をうけて、
「ともに頑張ろう」「コロナに打ち勝とう」など、
1日も早い収束を祈願し、
希望や元気を届けようとする取り組みが広がっております。

...花火業者にも何かできることはないか?

花火のルーツをたどると、悪疫退散祈願を目的として
花火を打ち上げたことが花火大会の起源ともいわれており、
鎮魂を目的とした花火や復興を願う花火も
これまで多く打ち上げられてきました。

我々、花火業者にできることは、花火をつくり、打ち上げることです。

悪疫退散を祈願し、花火を見上げて“笑顔”になってもらう。
全国の人たちに希望と元気を届けたい。

ひとりでも多くの人にこの想いをお届けできるよう、
全国各地で一斉に花火を打ち上げるプロジェクトを立ち上げました。

打ち上げる花火は家から見ていただけたらと思います!

出典:https://www.cheeruphanabi.com/

 

世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス。

その克服を願っての花火の打ち上げ。

私はタイムリーに見ていませんでしたが、プロジェクトに賛同した方々が、

本当にすてきな花火をたくさん投稿し、多くの人たちがリツイートし合いました。

 

主催者は全国の青年会議所。

公益社団法人日本青年会議所は、全国692の地域に点在しています。メンバーには20歳~40歳までの年齢制限が設けられており、現在は約32,000名ほどの会員がいる様です。年齢を満たしていれば誰でも加入が可能となりますが、社会貢献を通じてリーダーを志す青年育成の場になる為、メンバーには会社の後継者だったり自営業が多かったりするのも特徴です。その活動の一環として花火大会の運営も含まれている地域もあります。

よく商工会の若者の集まりと誤認される事もありますが、商工会では商工会青年部が存在しています。しかし、40歳で青年会議所を卒業すると商工会へ加入する事も多いので全く繋がりがない訳でもないのです。

出典:https://omatsurijapan.com/blog/hajimarinohanabi/

 

全国一斉花火のtwitterまとめ

 

一日も早く、コロナが終結しますように・・。

そしていつもお疲れの中ご来店される皆様に感謝です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 04.22

    運動と食事

  2. 2019 04.23

    遠くを見よう

  3. 2014 12.03

    少し早い挨拶

  4. 2019 01.14

    成人の日。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA