映画【鬼滅の刃】人気キャラクター、炎柱「煉獄」さんと、岩柱「悲嶋」さんについて。

この記事は3分で読めます

こんにちは、神田西口店の平野です。

コロナの影響で各ドラマ、映画など公開が延長せざるを得なかった2020年。

昨年紅白にも主題歌のLISAさんが登場するなど、もはや国民的アニメといわれるまで大人気となった「鬼滅の刃」

初映画となった「無限列車編」ですが、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」を超える売上となり、

もはや日本だけでなく世界を驚かせてしまいましたね!

 

私自身は原作最終回まですでに読んでしまっていますが、

それでもたしかに印象的な内容だと記憶に残っている一つが話題の映画「無限列車編」となります。

 

みんなのてもみ内でも「映画いきます!」と宣言している人、すでにいった人も少なくありません。

私はまだ見に行ってはいませんが、せっかくなので、今回は「鬼滅の刃」についてちょっと私見を述べようと思います。

 

【鬼滅の刃】人気キャラクター「炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)」について。

今回の映画「無限列車編」で大人気となった「炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)」

映画を見た事がある人はわかると思いますが、この映画の主役はこの煉獄さんと言っても過言ではありません。

 

ネタバレになってしまうので細かいことは割愛しますが、

この映画では煉獄さんが主人公の竈門炭治郎(かまど たんじろう)たちに、

鬼殺隊としての柱、最高位の存在として絶対的なリーダーシップを貫き、後々のストーリーに多大な影響を及ぼしています。

 

数多くのWEBサイトで煉獄さんがリーダーシップのお手本として紹介されてビックリ!!

原作を読んでいて、この映画のラストシーン辺りは色々と感じさせられる名シーンだと思っていましたが、

まさかビジネス系のネタの1例として、第一線のビジネスマンがかなりの熱量で煉獄さんのリーダーシップ性について語っているのを見て、

「うわ、すごい人気だな、鬼滅の刃!」

とビックリした記憶があります(笑)

 

確かにストーリー的にも「大正時代」というちょっと現代と比べてみたら時代劇でもなく現代でもない、

少し異次元的な世界観がまた「鬼滅の刃」の魅力的な要素だとは思います。

その中で「鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)」という絶対悪に立ち向かう姿など、

私自身も引き込まれるように原作の連載を楽しみにしていた経緯がありました。

 

その中でも、煉獄さんの絶対的なポジティブなキャラと、悪に対する貫き続ける正義感、

そして後輩たちへの想いなどから、多くの人が上司として憧れる要素をもったリーダーの一つの理想像として、

煉獄さんはネタになるのは分からなくはないと思います。

 

【予想】鬼滅の刃でいずれ人気になりそうなキャラは、「岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)」

個人的には次にブレイクしそうなのが、

「岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)」というキャラクターです。

いつも涙を流している、大柄な男性キャラクターですね。

これは映画以降のストーリーで詳しく過去の経緯など話されていくのですが、

この岩柱「悲鳴」というキャラもかなりいい味を出しています。

 

炭治郎も善逸も後のストーリーで、

「悲鳴さんが鬼殺隊で◯◯だな…」

と脱帽している場面があります。

その話はアニメか映画、どちらになるんでしょうね?^ ^

 

他の柱もかなり良いキャラなのですが、きっと煉獄さんの次にブレイクしそうなのが、

個人的にはこの「悲鳴」さんなのではないかと思われます。

 

話は変わって、みんなのてもみで次にブレイクしそうな施術スタッフは?

鬼滅の刃で次にブレイクしそうなキャラクターについて述べましたが、

みんなのてもみでも次にブレイクしそうな施術スタッフ、という人は何人もいます。

 

個人的に今お勧めしているのが、こちらの4名です。

・神田中央通り店:工藤(女性)

・神田西口店:酒寄(男性)

・半蔵門店:横手(女性)

・水道橋店:関根(男性)

すべてのスタッフさんの話を聞いている訳ではありませんが、

私が知っている範囲ですとこの4名の方でしたら一生懸命対応してくれ、満足する可能性が高いかと思われます。

もしよろしければお試しいただければ幸いです。

 

映画「鬼滅の刃」の帰り、心は満たされても身体は座りっぱなしで硬くなるとは思います。

良かったら映画の帰り道、みんなのてもみもお気軽にお立ち寄りくださいませ^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014 11.18

    自己啓発

  2. 2014 07.01

    ライブ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA