急激な温度差に注意!

こんにちははんぞうも半蔵門店の小田井です。

12月中盤に差し掛かり、かなり気温差が激しくなり寒い日が多くなってきました。特にこの時期はヒートショックが起こる季節でもあります。

ヒートショックとは、急激な温度変化によって身体が受ける影響の事です。例えば暖かいリビングから冷たい浴室や脱衣室に移動した際に、温度変化で血圧の急変により脳卒中や心筋梗塞を起こす恐れもあります。特に高齢者の方には注意と言われております。

皆様お身体には充分にご注意して頂けたらと思います。

一足早めに…

こんにちわ(´▽`*)

リラクゼーション整体みんなのてもみ 神田駅北口店の太田です

もうすっかり12月、クリスマスムードも盛り上がってきた今日この頃、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

ちなみに僕はクリスマスイブも、クリスマスも、皆さまの健康に寄り添いたい一心で、神田駅北口店で元気に皆さまをお待ち申し上げておりますので、ぜひ会いに来てくださいね(^^)/

さて

そろそろ各店の店長がクリスマスシーズンになぞったあらゆるテーマでブログが更新されることを予想しまして…。

僕はあまのじゃくなのでさらに一歩進み!

あえて!

【お正月】にフォーカスをあてようかと思います!

お正月の最大のイベント。それはもちろん…

「お雑煮を食べる」です!(ドーン!)

お野菜もお肉も頂けて、ぽかぽか温まってお腹いっぱい

こんな幸せな食べ物他にないと言っても過言ではありません

そんなお雑煮、当然欠かせないのは

「お餅」

でございまして

そのお餅、角餅と丸餅の二種類ありますよね

あれ、それぞれの家庭の好みや地域性だけではなく

しっかり意味があるのをご存知でしたでしょうか

丸餅は「家庭円満」を表しており

角餅は「家が栄える」を意味しております

おせちの「マメに生きる=黒豆」「腰が曲がるくらいの長寿=えび」みたいなもので

きちんと意味があるんですね

今年も残り3週間となりました

体にいいものをバランスよく摂って健康的な年末年始を過ごしましょう!

 

以上、神田駅北口店 太田でした(^^)/

はじめまして!

10月から4年間勤務していた半蔵門駅前店をはなれ、淡路町駅前店の店長に就任いたしました山崎です。

さて、淡路町での勤務も1か月半が過ぎました。忙しかったのであっという間に感じます。淡路町駅前店はみんなのてもみの1号店ということで、たくさんのお客様にご来店いただいております。何より凄いのが、1週間に2~3回ご来店してくれるお客様が10人以上いることです。

確かなサービスを提供できている証拠ですね!店舗のブランド力をもっと高めていけるように精進していきますので、これからもよろしくお願いいたします。

暖かな立冬を過ぎ。

皆さまこんにちは。神田駅前店の堀越です。

気が付けばもう11月も半ば。今年の夏は酷暑の印象が強くて、いい季節である秋がとても短く感じられます。

最近、休日は6~7km程度の散歩をするようになりました。

体力仕事ではありますが、なかなか歩き回ることがございませんので天気の良い休日は絶好の散歩日和です。特に行先は定めず、好きな音楽を聴きながら歩いて、普段通らないような道を行くのは新しい発見がありますね。

先日は新国立競技場の外観を見ながら歩いて、あんまりまじまじと眺めていたら曲がる道を間違えました。慌てて引き返しましたが、それもまたあてどない散歩の醍醐味ですね。競技場は大変イケメンでした。

私自身も脚がむくみやすい体質なのですが、歩いて足の裏に刺激を与えることと、ふくらはぎの筋肉を使う事がいかに大事かということを改めて感じました。

下半身太りにお悩みのお嬢様、歩くと締まりますよ(笑)。

たまにはスマホを置いてお散歩はいかがでしょうか。

そして歩き疲れたらぜひ神田駅前店にお立ち寄りください。

心よりお待ちしております。

昨日は立冬!冬のスタート!!

こんにちは、神田駅前店の平野です。

昨日11月7日(水)より「立冬」。暦上では冬の季節となりました。

といったものの、昨日のニュースで新宿中央公園で季節外れのセミが「み~んみ~ん!」と鳴り出したり!?

全く冬の気配も何もありませんが・・(笑)

せっかくなので、「立冬」に関することをシェアしようと思います。

 

立冬 その1「行事食はとくになし。」

調べてみると、二十四節気の生まれた中国のことわざには「立冬補冬、補嘴空」(立冬時、栄養を補給)というものがあるそうです。

その意味を解りやすくいうと、

「この季節に収穫されたものを季節にあった調理法で食べること、それが寒い冬を乗り切る最良の方法であるということ。」

だそうです^^

 

立冬 その2「かぼちゃは×→冬至〇」

冬のたべものといえば「かぼちゃ」や「ゆず」をイメージしがちですが、これは12月下旬の「冬至」の話であり、「立冬」はちがうみたいです^^;

 

立冬 その3「中国では餃子!?」

24節気の本場、中国では主に「立冬」では餃子がメジャーみたいです。

なんでも、

「餃子の発音と交代を意味する言葉と似ているため」

(立冬は「季節の交代」を意味するところから)

だそうです。

 

というわけで、餃子好きな方、この機会に餃子はいかがでしょうか?(笑)

お腹を満たす前に、しっかりてもみで揉まれてから召し上がると、胃が活性化してよりおいしく食べられるかもしれませんよ^^

よろしければ、季節の変わり目に「みんなのてもみ」もどうぞご利用くださいませ。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

本日11月5日は・・

本日11月5日は、縁結びの日だそうです。

島根県の「神話の国 縁結び観光協会」が制定しました。

日付は「いい(11)ご(5)えん」(いいご縁)と読む語呂合わせからだそうです。

皆様にとって明日も良いご縁がありますように♪

秋に紅葉 もみじに饅頭

みなさんこんにちは。
夏とは打って変わって涼しい日々が続き、過ごしやすくなりました。
みなさんはどのようにお過ごしでしょうか? 私は変わらず気持ちだけでも日よりな、淡路町駅前店の夏目です。

秋といえば、みなさんはなにを思い浮かべますでしょうか?

芸術の秋。
良いですね。都心から電車で一本、高尾山の山頂から望む紅葉を堪能し、麓のトリックアート展に立ち寄って目を楽しませるのも、心の休養にぴったりです。

運動の秋。
涼しくなると、運動はしやすくなりますね。東京ですと井の頭公園や林試の森でしょうか。皇居外周を走りながら風を感じますのも、中々風情のあるものだと思います。

読書の秋。
女心と秋の空。移ろい変わりやすい空模様に、晴耕雨読と洒落込むのも一興だと思います。そうそう、この諺が『女心』になったのは大正時代からで、江戸時代にまで遡りますと『男心』といっていたそうです。言葉のルーツを巡る読書も、乙なものですね。

 

どれもぴんと来ませんか?
でしたら、そんなあなたはもしや――食欲の秋、なのかもしれませんね。

 

秋といえば、やはりなんでも美味しいのがウリに思います。栗も良いですよね。ウリだけに。
肌寒さに温かいお茶。お茶を飲みながら、のんびりと食に通ずるグルメの秋。食後には運動も良し、天気が崩れたら読書も良し。食は全てのスタートラインに通ずる万能の娯楽であると言えるのではないでしょうか?

 

では、そんな食欲の秋を豊かに彩るすぃーつを、一つご紹介したく思います。
もっとも、もう流れで勘づいておられる方が大半でしょうが……。

 

 

 

 

そう!
もみじ饅頭です!
……え? 栗? なんの話でしょうか?

秋と言えば本当に色んなスィーツがあります。サツマイモかぼちゃも良いですよね。
ではそんな中、何故、あえて“もみじ饅頭”をピックアップしたのだろうかと、疑問に思われる方もおられることでしょう。

ですが!
実はこのもみじ饅頭、健康面を慮ったとき、とても良い効果があるのです!

もみじ饅頭の生地は、小麦粉・卵・砂糖・蜂蜜によって構成されています。
これって実は、“カステラ”と同じ材料なんですよね。この生地は糖質やカロリーはそこまで他のスィーツと変わりません。ショートケーキよりも少し低いというくらいです。
ですが、血糖値の上昇の仕方を示す数値、GI値を見たとき、この生地はとても低い数値を出すのです。血糖値が上昇しにくいと、摂取したカロリーが糖質や脂肪として吸収されにくく、太りにくいものだったりします。他のスィーツと違って、が含まれていないという点もポイントですね。

さらに、オーソドックスなもみじ饅頭には、こしあんが包まれています。あんこもまたカロリーが低いです。ですが、あんこの効果はそれだけではありません。あんこ、すなわち小豆には食物繊維が豊富で、これは便通改善効果や、ビタミンによる糖質をエネルギーに変えて蓄積させにくくする力があります。
また、小豆は血行促進や抗酸化作用など、様々な“お得”効果があり、健康面でとても良い食材であったりします。

腹持ちが良いカステラ生地に、カロリーを抑え排出を促すあんこ。
この二つが合わさったもみじ饅頭は、実のところ、ダイエット中の間食やお茶の時間に最適な、すぃであったりするのです!

もちろん、総カロリーには気をつけていただきたいのですが、お茶請けに一つ召し上がられると、心地よい秋の楽しみを満喫できるのではないでしょうか?

 

花より団子
なら、紅葉よりももみじ饅頭
みなさんも、秋空を矯めつ眇めつ眺めながら、もみじ饅頭を手に取ってみてはいかがでしょうか?

今日は何の日?

こんにちわ。

リラクゼーション整体 みんなのてもみ 神田駅北口店 副店長の太田です。

本日10月18日は「冷凍食品の日」だそうです。

10は冷凍の「凍(とう)」にちなんで10、18は保存・流通温度の「−18℃以下」にちなんで18、それで10月18日は冷凍食品の日なんだそうです。

手間暇かけて作る手料理も素敵ですが、主婦(主夫)の味方として、簡単に、手早く、おいしく食卓を支え続ける冷凍食品の進化は本当に素晴らしいです。

我々の業界も冷凍食品と同じくらい皆様の生活の近いところで寄り添える存在になれる日を願い、本日もお客様のご来店をお待ち申し上げております。

竹橋express店閉店

こんにちは、竹橋express店の小田井です。

今日は皆様にご報告があります。

この度10月12日の営業を持ちまして、竹橋express店の閉店する事となりました。6年半とても長い間皆様のおかげで今日までやって来れた事本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

またそれと同時に竹橋express店をご利用して頂いたお客様には大変ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ございません。近隣には神保町駅前店・半蔵門駅前店がございますので、ぜひそちらをご利用頂きたいと思っております。

竹橋店には思い入れがあるため閉店するのは寂しいですが、6年半本当にありがとうございました。自分にとってこの経験は糧に新たな気持ちで今後も笑顔で頑張りますので、今後ともみんなのてもみを宜しくお願い致します。

小田井