君と残残残暑にスイスイスイカ

 

 畳に置かれたお盆には、すいかが山のようにならんでいる。一つとってかぶりつくと、だらだらとしるがたれた。口いっぱいに甘い冷気がひろがる。

 

江國香織(2000)『すいかの匂い』新潮社

 

 

 

――ということで、こんにちは! 淡路町駅前店の夏目です!

夏もそろそろ終わりに近づき、全盛期の厳しい暑さからは遠ざかって参りましたね。
みなさんは、この残暑をどのようにお過ごしでしょうか? 熱中症、脱水症状の危険性からはまだまだ逃れられません。武道でいうところの『残心』の気持ちで、くれぐれも油断はせず、紅葉の到来を待ちましょう。

さて、まだまだ暑さが残るのであれば、できれば水分補給はしっかり行いたいと思われることと存じます。わたしもそうです。
そこで今回は、水分補給も出来て栄養も補填できる、個人的スーパーフルーツをご紹介しましょう!

勘の良い皆様は、もうおわかりですね?

そう、そんな話題の君の名は――“スイカ”です!

ウォーターメロンの英名が指すとおり、スイカにはたくさんの水分が含まれています。目に見える要素といえば、その水分と爽やかな味わいに注視されることでしょう。

ですが!
スイカのすごいところは、こんな程度ではないのです!

一般的に、脱水症とは水不足だけが原因で起こるモノではありません。水不足だからといって汗といった代謝で体外に流れ出てしまった“ミネラル”を補填せずに水だけ摂ってしまうと、欠けた栄養の分だけ身体の濃度が薄くなり、集中力の低下や倦怠感、めまいなど、様々なデメリットを引き起こしてしまう危険性があります。
ですが、スイカを召し上がっていただくと、カリウムやカルシウム、マグネシウム、糖分といった身体に必要なミネラルの大部分を補うことが出来るのです! これで、甘さを引き立てるために食塩でも振りかけていただければ、食べるスポーツドリンクといっても過言ではないような効果が得られるのです!

さらに!
スイカは食物繊維が豊富で便通にもよく、また、以外と低カロリーであったりもします。もちろん一日の総カロリーには気をつけていただきたく思いますが、多少食べたところで、太ってしまうことを気にする必要はほとんどありません。

夏といえばスイカ
運動のあとはスイカ

たくさん汗を掻かれたあとは、スイカを食べて、読書に耽りながら身体を休めていただくのも、夏の醍醐味なのではないでしょうか?

リフレッシュ法

おはようございます。

人それぞれ休日や休憩などの時間を使い、リフレッシュする手段をお持ちだと思います。 お客様とも良く会話の中でも話題になりますし、逆に「この仕事って疲れませんか?」なんて気にかけて頂くことも…笑

けっして疲れないと言ったらウソになりますので、それなりのケアや体力維持などを心がけています。

 

私の一つの手段、それはサウナ

 

血行が良くなるので、肩こり、腰痛の緩和。リンパの流れや水分調整されるのでむくみ解消にも。

あまり長く入りすぎると、身体に負担も感じますので

ドライサウナ (5~7分程度)

水風呂 (1分程度)

休憩

を4セット程度するようにしています。

しっかりと水分補給して行えば、それほど辛くもないと思います。サウナ内で辛い場合は頭にタオルなどを掛けるだけで長く入れたりします。

 

お風呂の話題も多くでたりしてますし、王道すぎますが、サウナや運動で週に1回は大汗かいたり、身体を動かすことをしています。

これからも自称サウナーになれるよう、サウナの楽しみ方を追求していきます(笑)

 

淡路町駅前店 小橋

噛むオンBeefの下克上サマー

みなさんこんにちは!
淡路町店の夏目です!

八月も一週目を乗り越えましたが、まだまだ暑い日が続きますね。
気怠く、あまりやる気が起きない。食欲も減衰してしまう。そんな日々をお過ごしではないでしょうか?
食べる気がしない、というのはみなさん感じられているように思えます。しかし、控えめな食事も行きすぎれば必要な栄養を摂取できず、夏バテを加速させてしまうことでしょう。そこで、今回はあえて、この食材についてご紹介いたします。


もう、おわかりですね?
そう、“”です。

牛肉や豚肉などの動物性タンパク質には、体内で作ることが出来ないが人体の栄養バランスに必ず必要な必須アミノ酸がバランス良く含まれています。とくに、牛肉の赤身肉にはビタミンB群や鉄分、亜鉛など、日頃に摂取しにくい栄養素もしっかりと含まれているのです。せっかくなので、それぞれの栄養と効果も少し見ていきましょう。

タンパク質=消化の過程でアミノ酸に分解され吸収されます。お肌に良いとされる<コラーゲンも、タンパク質に含まれています。
ビタミンB群=脂質や糖質、タンパク質の代謝に欠かせない栄養素。消化と代謝の要である酵素を補ってくれることから、「補酵素」とも呼ばれます。
鉄分=赤血球を作るのに必要な栄養素。足りないと貧血や、動悸息切れといった疲れやすさにも影響します。ただし、鉄分は摂りすぎもよくないので、サプリメントで摂る際は量に気をつけた方が良いでしょう。
亜鉛=身体の情報を新しく更新していく力があります。不足すると味覚を感じる器官が正常にはたらかなくなり、味覚障害を引き起こしてしまうことがあります。高齢者の方は、免疫力の低下に繋がることもあるとか。ただし、これも摂りすぎは注意です。

代表的な栄養素だけでも、身体の機能をこんなに助けてくれます。
また、肉を噛むということも身体に良く、食べ物を噛むという行為によって運動野と感覚野が活性化する、といいます。すると、脳の活性によりトレーニングになるだけではなく、記憶力アップにも繋がるのだとか。お得ですね!

肉食、とくに牛肉を食べる文化は紀元前二万年前には既にあったといいます。
日本では一般生活に浸透し始めたのは明治時代の「すきやきブーム」からではありますが、江戸時代には既に高価な薬として流通していたとか。

そう、当時の日本人にとって、は“”なのです!

まだまだ厳しい夏が続きます。
ついつい、食卓から肉を遠ざけてしまうこともあるでしょう。
ですが、だからこそ、肉を食べて不足しがちな栄養素を獲得し、夏を乗り越える力とするのです。

ぜひ皆様も、熱くて厚いステーキで、暑い夏に挑まれてみてはいかがでしょうか?

淡路町駅前店

いつもありがとうございます!

先週末はどこも花火大会だったり夏祭りだったりと賑やかな日でしたね☆

私も少し花火を見ましたが、幼少期に見たものより年齢を重ねてから見るとまた一段と感動しました!これからも四季に合わせた楽しみ方をどんどん覚えていきたいなと思います。

 

さて、最近の淡路町駅前店は夕方18時以降のご予約が人気となっておりますので、お時間解り次第早めのご予約をおススメしております。

曜日別では火・木辺りは比較的ご案内しやすいかも知れません。

 

24時間受付可能なWEB予約はこちらから↓

https://www.peakmanager.com/online/index/j9u5p2

 

スタッフ一同ご来店お待ちしております。

小橋

さいたま新都心に行ってきました!

こんにちは。
みんなのてもみ、オフィスサポートの三屋です。

先日、Kというアニメの映画を見に、さいたま新都心のコクーンへ行ってきました。
無事特典も手に入れられて、ホクホクです。

お昼にエッグスンシングスへ行ったのですが、フレンチトーストも美味しいですね!
チーズもタマゴもとろとろで、最高でした。

午後はそのままショッピングに行って、たくさん歩いてきました。

カバンを持ったままたくさん歩くと、肩が凝ったりしますよね。
そんなときは、ぜひぜひみんなのてもみで癒していってください!
60分2980円と、リーズナブルに凝りをほぐすことができますよ。

今回は、さいたま新都心から京浜東北線で1本!
秋葉原駅から行きやすい店舗の地図を貼っておきますね。

秋葉原駅前店

御徒町駅前店

淡路町駅前店

皆様のご来店、心よりお待ちしております!

セルフストレッチ

こんにちは。淡路町駅前店の堀越です。

毎日暑いですね。

私は暑いぞ自慢の地域出身なのですが、そんな酷暑の盆地地域出身でもこの暑さは耐えられないです。

さて、前回は上半身のタオルストレッチをご紹介しましたが、今回は下半身です。

①→仰向けに寝ます。

②→両足首をめいっぱい背屈(つま先を上げる)します。(5秒)

③→②のまま膝の裏が床に着くように伸ばす。(踵を遠くへ滑らせます)(5秒)

④→②③を10回

⑤→③の姿勢をキープしたまま、お尻で足踏みをします。(膝の裏が床から離れないように注意!)(20歩)

たったこれだけ。寝たままできるので楽チンです!

腿裏やふくらはぎが伸ばされて気持ちいいですよ。

暑い日中は無理せずお家でストレッチ。

しかしエアコンの中にずっといてもダルくなってしまいますので、セルフストレッチで物足りなくなったらお散歩を兼ねてみんなのてもみへお出掛け下さい(*^^*)

ご予約お待ちしております!

冷やしておからだポッカポカ

みなさんこんにちは!
淡路町店の夏目です!

近頃は猛暑日が続き、天気予報も赤を超えて紫色で気温表示の日々。みなさまは夏バテなどなさっていないでしょうか? 肌に刺さるほどの冷房、キンキンに冷えたドリンク、甘くて冷たいアイスクリーム……どれもこの季節、ついつい縋ってしまいます。

が、 激しい寒暖差と冷たい飲食物はスッキリとした夏の大敵! 夏バテ、夏風邪。楽しいはずの夏休みを、腹痛を友のように過ごしてしまうこともあるでしょう。

ですが!
なにも、冷たい物を一切合切排除してしまうのでは、夏の目玉とも言える清涼感を味わいきれないというご意見ももっともです。夏目だけに。
なにごともほどほどに。熱中症で倒れてしまう前に、ほどほどの量をほどほどに摂っていただくのであれば、そこまで健康に害を為す! などと言わなくても良いと思うのです。

 

そこで!
本日は、“温まり”ながら“冷やして”、それでいて“おいしい”。
そんな、夢のようなドリンクをご紹介したいと思います。

 

もしかしたら耳にしたことがある方も、なじみ深い方も、逆に初耳の方もおられるかもしれません。
それが、関西発の庶民の味“ひやしあめ”なのです。

ひやしあめとは、生姜と麦芽水飴と三温糖を主に用いて煮詰めて作る飲料水で、冷やして飲むのが特徴です。生姜には血行促進効果や強い殺菌・鎮痛効果などがあるとされており、身体をぽかぽかと温め、身体の循環を整えてくれます。また、麦芽には消化不良や食欲不振に効能があると言われております。

夏場で不足しがちなミネラルと水分。冷やしすぎで循環を落としてしまい、夏バテになりやすい健康状態。それでも冷たい物が召し上がりたいという欲求。その全てにアプローチをしてくれるのが、“ひやしあめ”なのです!

ぜひみなさまも、この機会に“ひやしあめ”で、お体ぽかぽかひんやりマッチングをご堪能されてはいかがでしょうか?

紫外線

夏本番!紫外線もかなり強くなり対策が必要ですね。

日中に外に出るには水分補給と合わせて注意してください。

今回はその太陽光に関するビタミンDのお話を。

 

ビタミンDには骨や血液に必要なカルシウムの運んで吸収させる働きがあります。

強い歯や骨を作るためにカルシウムを摂取することは大切ですが、ビタミンDはカルシウム不足改善のための欠かせない栄養素とされているんです。

 

食品からは主にしいたけやしめじなどのきのこ類

レバー、紅鮭、さんまといった魚介類はカルシウムも含めれているのでおすすめです。

 

また、人体の不思議!なんと日光に含まれる紫外線を浴びることによって人体でも合成される特徴を持ちます。

体内で生成するためには、一日10~20分ほどの日光浴をする必要があります。

日光浴が必要といっても、直射日光を浴び続けなければならないということではなく、窓から差し込む太陽の光でもかまいませんので、ちょっと散歩に出かける程度でも良いですが、朝起きた時に窓を開けて太陽の光を感じるのもとても良いことなんですね。

 

朝の日差しは体内のリズムを整える働きもあるため、規則正しい生活習慣にもつながります。

ビタミンDは不足するとうつ病発生リスクが高まることでも有名ですので、しっかり日差しも浴びて活力ある生活を送っていただければと思います。

 

そんな暑くて辛い時期かもしれませんが、ポジティブに夏を満喫したいですね!

 

淡路町駅前店 小橋

セルフケア

はじめまして、こんにちは。
淡路町駅前店の堀越です。
今回はちょっとした時間で出来るストレッチをご紹介します。
【用意するもの】
・フェイスタオル(または手拭い) 1枚

①タオルの両端を握ります。
②足を肩幅に開きます。
③出来るだけバンザイをします。

④脇腹を伸ばすように左右に倒します。
⑤バンザイのまま、腰を捻ります。
⑥バンザイの状態から前屈をします。(この時に背中が丸くならないように)
⑦バンザイの状態から、タオルが頭の後ろにくるようにガッツポーズ。

各動作1分やってみてください。
肩こりのお悩みに役立てばと思います。
それでも解消されないガンコな凝りは、ぜひご来店いただいて揉みほぐしましょう!
Web予約も好評稼働中です。思い立ったが吉日!ご予約お待ちしております!

初夏を乗り越えよう!

みなさんこんにちは!
淡路町駅前店所属の夏目です!

 

夏至も過ぎ、いよいよ初夏の到来と相成りましたが、皆様は如何お過ごしでしょうか?
これからどんどん暑くなっていきます。そうしますとやはり、気怠さに辟易としてしまう日も増えてくるのではないでしょうか?
そこで、今回は暑い夏を乗り越えるためのとっておきを紹介させていただきたく存じます。本日のとっておきは……ズバリ、“スパイス”です!
スパイス、あるいは香辛料といえばかの世界一周を果たしたサー・フランシス・ドレークが活躍した十五世紀では金銀にも勝る価値のあるものでした。貴重な食糧の保存に、あるいは化粧品に、あるいは疲労回復に。当時は、万能の薬と呼ばれ、命の危険を冒してまで商人たちがこぞって買い付けた財宝とまでいえる魔法の粉であったのです。そんな香辛料ですが、今や案内図を宝の地図に、スーパーの中をカートで泳げば、ラベリングされた宝箱からいつでも誰でも香辛料を買い付けることが出来る時代になりました。せっかく気軽に手に入るのだから……と、試しに手にとって、その効能を体験してみてはいかがでしょうか?

 

↓代表的なスパイスですと、こんなものがあります。↓

 

・クミン=芹科の植物。食欲増進や駆風薬として消化促進の効能があるとか。
・ターメリック=抗酸化作用や肝機能改善の効能。ウコン、とも。
・コリアンダー=消化促進に用いられる他、鎮痛剤としても。この葉がパクチーですね。
・カルダモン=血流改善など。スパイスの女王とも呼ばれる最も古い香辛料です。
・シナモン=こちらはスパイスの王様。温熱の作用があり、多くの漢方に使用されます。
・グローブ=古くから殺菌・消毒に用いられていました。肉の匂い消しにも。
・ナツメグ=健胃作用や止瀉薬の効能。東洋医学ではリウマチに用いられることも。

 

……と、このように、気軽に手に入るスパイスだけでもこんなにたくさんの効能があります。中には、思いがけずみなさんの身近に隠れていたような香辛料もあるのではないでしょうか?

 

 

 

ところで。
察しの良い方はすでに、「このスパイスはもしや……?」と感づかれている方もおられるのではないでしょうか?

そう、このスパイスはすべて、カレーに用いられる代表的なものなのです。
神田界隈といえば、日本でも有数のカレー街。施術を受けて流れの良くなったお体に、初夏のカレーを存分に巡らせて、気怠い夏を乗り越えませんか?

 

Let’s 初夏レー!