成人の日。

今日は成人の日ということで、新成人の皆様おめでとうございます。

大人になるということは色々と大変だし面倒ですが、大人は大人で割と楽しいものです。

毎日のデスクワークで肩も凝ります。

座りっぱなしで腰がきしみます。

立ちっぱなしで脚が浮腫みます。

うっかり重いものを持ってギックリしたりもします。

 

そんな時に我々みんなのてもみがあります。

人の手で癒されるのもいいものですよ。

社会に出て慣れない環境に疲れたら是非おいでください。

神田駅前店 堀越でした。

 

 

 

そういえば七草がゆの由来、意味ってご存知ですか?

こんにちは、神田駅前店の平野です。

本日1月7日から仕事始めですね!年末年始はゆっくりお休みになれましたか?

例年と比べて12月29日が土曜ということもあり、銀行・保険業界の方々も28日からお休みになれた方も多かったみたいですね。いかがでしたか?

そしてあっという間に仕事始めの日が来ました。少しずつ2019年のエンジンをかけていきたいところですね!

 

さて、1月7日といえば「七草がゆ」の日でもあります。召し上がる方、いらっしゃいますか?

そういえば毎年気になってはそのままスルーしていたことがありまして、それは

なんで「七草がゆ」ってそもそも1月7日に食べるんだろう?ということです。

 

私以外にも気になってはいるものの、「そういえば何でだろう?」と疑問に思っている方も少なくないとは思います。

という訳で、この機会に「七草がゆ」の由来や意味について調べてみました!

よろしければどうぞご覧ください^^

 

七草がゆの由来、意味 「五節句の一つ『人日(じんじつ)の節句』」

調べてみたら、季節の節目の考え方で五節句というものがあるそうです。

一年間の五つの節句。人日(じんじつ)(=一月七日)、上巳(じょうし)(=三月三日)、端午(たんご)(=五月五日)、七夕(しちせき)(=七月七日)、重陽(ちょうよう)(=九月九日)。

具体的にどんな意味かというと、

五節句の「節」というのは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。暦の中で奇数の重なる日を取り出して(奇数(陽)が重なると陰になるとして、それを避けるための避邪〔ひじゃ〕の行事が行われたことから)、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的から始まりました。この中国の暦法と、日本の農耕を行う人々の風習が合わさり、定められた日に宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになり「節句」といわれるようになったそうです。

五節句には、3月3日、5月5日のように奇数の重なる日が選ばれていますが、1月だけは1日(元旦)を別格とし、7日の人日(じんじつ)を五節句の中に取り入れています。

「五節句」の制度は明治6年に廃止されましたが、今での年中行事の一環として定着しています。

明治に廃止された考え方で、1月だけは7日なんですね!

 

七草がゆの由来、意味 その2「江戸時代に庶民に普及」

また、さらに調べてみると、江戸時代に幕府の公式行事に取り入れられたそうです!

二十四節気では、小寒から大寒、2月の立春までが、寒さの厳しい“寒の内”とされている。江戸時代には、重要な年中行事として、中国に習い「五節句(江戸時代は五節供)」が認定された。その最初である1月7日は、「人日の節句」という。

古代中国では7日は人を大切にし、刑罰を与えない日とされており、「七種菜羹」(7種の菜が入った吸い物)を食べていたことから、そこに平安時代のかゆを食べる宮中行事が結びついたといわれている。日本和食卓文化協会代表理事の槻谷順子さんは話す。

「江戸時代に人日の節句が幕府の公式行事になり、庶民にも定着してきたものです。ただ、現代のように流通が発達していない時代は、七草すべてをそろえるのは至難の業。七草がゆといいながら、1~3種類で作ることが多かったようです」

出典:https://www.news-postseven.com/archives/20190106_841009.html

なるほど!そんな由来だったんですね!

 

七草がゆの由来、意味 その3「疲れた胃をやすめるのに最適な食材」

■「七草」とは?

【1】せり…ビタミンCやミネラルが豊富。食欲増進、貧血予防に。
【2】なずな…利尿・解毒作用があり、腎臓と肝臓を整える。高血圧の予防に。
【3】ごぎょう…たんぱく質やミネラルが豊富。咳や痰を取り除き、のどの痛みを抑える。
【4】はこべら…止血・利尿作用があり、歯ぐきや皮膚の腫れ、痛みに。
【5】ほとけのざ…葉の丸い形が蓮の花に似ている。高血圧予防に。
【6】すずな…かぶのことで、葉はカルシウムやカリウムが豊富。
【7】すずしろ…大根のこと。ビタミンC、鉄分、食物繊維が豊富。消化や二日酔いによい。

新年会などで疲れた胃を休めるのに、七草のそれぞれの効能は効果的みたいですよ!

年末年始で胃や肝臓が逆に疲れてしまった方(笑)

今日は七草をたべて、リフレッシュして癒されてみてはいかがでしょうか?

 

また、寒さも深まって体も冷えやすくて固まりやすいので、体のケアも忘れずにしておきたいところですね。

年始、いいスタートを切るうえで、どうぞ気分転換にみんなのてもみにもお越し頂ければ幸いです。

今年一年もどうぞよろしくお願い致します。

平野

暖かな立冬を過ぎ。

皆さまこんにちは。神田駅前店の堀越です。

気が付けばもう11月も半ば。今年の夏は酷暑の印象が強くて、いい季節である秋がとても短く感じられます。

最近、休日は6~7km程度の散歩をするようになりました。

体力仕事ではありますが、なかなか歩き回ることがございませんので天気の良い休日は絶好の散歩日和です。特に行先は定めず、好きな音楽を聴きながら歩いて、普段通らないような道を行くのは新しい発見がありますね。

先日は新国立競技場の外観を見ながら歩いて、あんまりまじまじと眺めていたら曲がる道を間違えました。慌てて引き返しましたが、それもまたあてどない散歩の醍醐味ですね。競技場は大変イケメンでした。

私自身も脚がむくみやすい体質なのですが、歩いて足の裏に刺激を与えることと、ふくらはぎの筋肉を使う事がいかに大事かということを改めて感じました。

下半身太りにお悩みのお嬢様、歩くと締まりますよ(笑)。

たまにはスマホを置いてお散歩はいかがでしょうか。

そして歩き疲れたらぜひ神田駅前店にお立ち寄りください。

心よりお待ちしております。

昨日は立冬!冬のスタート!!

こんにちは、神田駅前店の平野です。

昨日11月7日(水)より「立冬」。暦上では冬の季節となりました。

といったものの、昨日のニュースで新宿中央公園で季節外れのセミが「み~んみ~ん!」と鳴り出したり!?

全く冬の気配も何もありませんが・・(笑)

せっかくなので、「立冬」に関することをシェアしようと思います。

 

立冬 その1「行事食はとくになし。」

調べてみると、二十四節気の生まれた中国のことわざには「立冬補冬、補嘴空」(立冬時、栄養を補給)というものがあるそうです。

その意味を解りやすくいうと、

「この季節に収穫されたものを季節にあった調理法で食べること、それが寒い冬を乗り切る最良の方法であるということ。」

だそうです^^

 

立冬 その2「かぼちゃは×→冬至〇」

冬のたべものといえば「かぼちゃ」や「ゆず」をイメージしがちですが、これは12月下旬の「冬至」の話であり、「立冬」はちがうみたいです^^;

 

立冬 その3「中国では餃子!?」

24節気の本場、中国では主に「立冬」では餃子がメジャーみたいです。

なんでも、

「餃子の発音と交代を意味する言葉と似ているため」

(立冬は「季節の交代」を意味するところから)

だそうです。

 

というわけで、餃子好きな方、この機会に餃子はいかがでしょうか?(笑)

お腹を満たす前に、しっかりてもみで揉まれてから召し上がると、胃が活性化してよりおいしく食べられるかもしれませんよ^^

よろしければ、季節の変わり目に「みんなのてもみ」もどうぞご利用くださいませ。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

十五夜

今日は中秋の名月、ということですが、生憎の曇り空で残念です。

こんにちは。

8月より神田駅前店に所属となりました、堀越です。

店舗は異動しましたが、相変わらず頑張っておりますので今後ともよろしくお願いします。

何度かブログではセルフストレッチについて書かせていただいておりますが、ご活用いただけているなら幸いです。

今回は寝ながら出来る肩関節周囲のストレッチです。

①横向きに寝ます。

②腕をまっすぐ上げ、胸を開くように背中の方に伸ばします。

③そのまま腕を梃子のように使って力を抜き、大胸筋を伸ばします。(肘は曲げない)

 

はい、これだけです。簡単ですね。

普段何かと前屈みのような姿勢になっていると思います。たまには逆にしてあげてください。

おやすみ前の5分間、是非お試しくださいね。

それでも取れない疲れは我々におまかせください。

お待ちしております!

酷暑の疲労回復にオススメ!「旬(秋)のモノを食す」。

こんにちは、神田駅前店の平野です。

ようやく、ようやく秋らしさを感じる涼しさを感じ始めてきましたね!やはり30度を下回る、体が楽に感じる、という声をよく耳にします。

そしてようやく体がほっと一息、休めやすくなると、途端に今まで溜め込んできた疲労がどっと出てくる様に、「何だかダルい・・眠い・・。」という方、いらっしゃいませんか?

そんな時にオススメなのは、やはりその時期にあった旬のものを食べるということ。

24節期という春夏秋冬を24つ細かく分けた考え方がありますが、その時期の旬のものを食べることは、ただ単にビタミン・ミネラルなどのバランスだけでなく、その時期、季節に見合った肉体へ調整を促す、という大切な役割も担っています。

ただでさえここ数年は季節が二極化し、特に今年は異常気象と呼ばれるほどの暑さ、酷暑・・。そんな今までの日本の歴史からみて異常気象が続くとなれば、肉体もそれなりのダメージを負ってもおかしくはないはずです・・。

そこで、とりあえずご参考までにこの秋にちょうどいい、旬のものをピックアップしてみました。どうぞご参考になさってください。

◎白露(9月8日):旬の食べ物=(例)なす

◎秋分(9月23日):旬の食べ物=(例)さんま

◎寒露(10月8日):旬の食べ物=(例)きのこ

◎霜降(10月23日):旬の食べ物=(例)さつまいも

 

どれも秋っぽくて美味しそうですね(笑)

普段油っぽい食事が多い方、たまには和食はいかがでしょうか?

ちなみに和食ですが、神田駅前店の近くの「しんぱち食堂」はオススメです⭐︎

↓ ↓ ↓

◎しんぱち食堂

 

500〜1,000円くらいで炭火で焼いた魚定食が食べられ、魚はもちろん、ご飯も美味しいです^^

「しんぱち食堂は美味い!」と仰るお客様も多く、それで私も何回かたまに行くことがあるのですが、今のところハズレはないです。

ちなみに、11時前であれば、朝定食が400円で食べれます(笑)

いくつか神田以外にも新宿など支店があるみたいなので、気が向いたらお近くのお店にぜひ行ってみてください。行ってみて損はないかと思われます。

旬の食べ物で内臓も癒し、そして体はみんなのてもみで癒されにいらしてください⭐︎

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

平野

毎週映画館へ…

こんにちは。
みんなのてもみ、オフィスサポートの三屋です。

7月から公開されているK7Sというアニメの映画を見るべく、毎週映画館に通っています。
週替りで配布される入場特典を入手するためです。
こちらなんと、6ヶ月で6本の映画を公開するというとんでもない企画を行っていて、現在その2作目が放映中です。
すごいですよね…。

さて、映画を見たあとは背中が固まったり、目が疲れたりしますよね。
そんなときは、ぜひぜひみんなのてもみで癒していってください!

今回は、神田の店舗の地図を貼っておきますね。

神田駅前店

神田駅北口店

神田中央通り店

皆様のご来店、心よりお待ちしております!

夏バテしてませんか?

皆様こんにちは。

8月より神田駅前店に入りました、堀越です。

夏バテ、してませんか?

とにかく毎日暑いですよね。

キュウリは体を冷やす効果がある食べ物として知られていますね。

最近のマイブームはキュウリ・紫蘇・ミョウガをみじん切りにして、残りご飯で冷やし茶漬けです。

お好みでツナやサラダチキンを入れてもおいしいですし、サラッと食べられるので、暑い日にはオススメです。

とにかく食欲は大事です。

どうしてもだるいなー、食欲ないなー、とモヤモヤする時は、お背中、足裏などをほぐすことで外側からのリセットも有効ですので、是非「みんなのてもみ」に揉みほぐされにいらしてください。

ご予約お待ちしております!

東京から約2時間で行けるパワースポット!

こんにちは、神田駅前店の平野です。

先日常連のお客様が海の近くに引っ越しをされた、というお話になりました。

仕事の行き帰り、気持ちのオン・オフのメリハリがすごく出て、かなりリラックスできるそうで、「やはり自然の癒しエネルギーはすごいな~・・」と改めて思いました。

皆さんはどこか、癒される場所などご存知でしょうか?

このブログにも書かれていますが、富士山に数名ほど登頂したみたいですね。

その感動ほどではありませんが、今回は私自身が実際に癒された「東京のパワースポット」について記事にしたいと思います。

 

東京から約2時間で行ける!東京のパワースポット「檜原村」

東京の西の外れ、「立川駅」⇒「拝島駅」⇒「武蔵五日市駅」と乗り継ぎ、ここからさらにバスで30分ほど西に進むと檜原村が見えてきます。

東京からわずか2時間くらいなのに、まるで長野県の様な豊かな自然とキレイな空気が充満し、「本当にここが東京!?」とビックリしてしまう驚きがありました。


こちらの檜原村観光協会のサイトですが、女性モデル3人を使ったPR動画があり、檜原村全体の雰囲気がとても分かりやすくてオススメです。

↓ ↓ ↓

◎檜原村観光協会、公式HP


そして、檜原村でオススメといえば、やはり日本の滝百選の一つ、「払沢の滝」でしょう。

※さきほどのPR動画の2:30〜にも「払沢の滝」が出てきます。

日本の滝百選「払沢の滝」。

大きな滝が流れていて、この滝の近くまで近づくことが出来ます。実際に近くまで行きましたが、中々の迫力でした。

また、冬になると凍った滝にお目に掛かれるそうです(私は冬に行ったことはありませんが)

写真だけでも風情のいい雰囲気が伝わってきますね!

 

檜原村の夏祭り「第30回 払沢の滝ふるさと夏まつり」

気になって調べて見たら、ちょうど来週の土日に檜原村で夏祭りがあるそうですよ。

↓ ↓ ↓

◎第30回 払沢の滝ふるさと夏まつり

 

打ち上げ花火や夜の滝のライトアップもあるそうで、色々なイベントで盛り上がるみたいです。

【ステージ・模擬店】   8月18日(土),19日(日) 13:00~21:00
【打上花火】       8月18日(土),19日(日) 19:30~20:00
【払沢の滝ライトアップ】 8月13日(月)〜19日(日)18:30~20:30

 

ご興味ある方、この機会に東京のパワースポット「檜原村」はいかがでしょうか?

山・川・滝、そんな自然で癒されたい方におススメです^^

平野

 

 

 

お客様の感想「教えてもらった“アレ”を試したら眠りやすくなりました!(個人差あり)」

こんにちは、神田駅前店の平野です。

本日はあるお客様より頂いた感想の一部についてシェアしたいと思います。

「教えてもらった“アレ”を試したら眠りやすくなりました!」

“アレ”って何?と疑問に感じるかと思われます(笑)

先にその答えを明かすと、それは前回私がこのブログでシェアさせて頂いた、「腹式呼吸のコツ」です。

具体的な方法などは、こちらをご参照頂ければと思います。

↓ ↓ ↓

◎ものすごくシンプルで楽に「腹式呼吸」がしやすくなるコツ

 

お客様「ただ手をお腹にのせるだけで、確かに呼吸しやすくなって眠りにつきやすくなったんですよ。」

先日担当したお客様に、施術後のアドバイスのセルフケアとして、「腹呼吸」のコツをシェアした経緯がありました。

その後、再びそのお客様を担当してある程度施術しながら話が進んでいくと、

 

お客様「あ、そういえばこの前教えてもらった方法なんですけど、おかげさまで寝つきが良くなりました。」

私「え!本当ですか!?それは良かったですね!!」

 

というやり取りがあり、少なくともそのお客様にはその「腹式呼吸」のコツは相性が良かったみたいで、ご自宅でもリラックスできる一つのキッカケになれて本当に良かった、と思えた瞬間でした。

 

やり方は本当に簡単。お腹に手を乗せて深呼吸をしようと意識するだけです。

気になった方、良ければこちらの記事も合わせてご覧くださいませ。

↓ ↓ ↓

◎ものすごくシンプルで楽に「腹式呼吸」がしやすくなるコツ

 

もしかしたら、この酷暑で寝苦しい夜に、ちょっとしたリラックス効果を得られるかもしれません。(個人差があります)

もし良ければ、一度試してみてください^^