スタッフブログ

2021.09.02

最強セラピストへなりたかった、あの頃の私へ

朝から晩まで隙間なくビッシリ埋まっている指名予約スケジュール。それは週明けから週末、月明けから月終わりまで揺るがない。毎朝のルーティンとして、当日並んでいるお客様ひとりひとりの初回、これまでの施術経過を時系列で回想しながら、今回の要点・焦点をおぼろげにまとめる。あとはその時その時で、お客様から感じとったすべてを自分の反射神経へ丸投げします。

前回が良かったとして今回も良いとは限らない。いつもは左だとして今日は右かもしれない。思い込みで施術することを嫌い続けて、初めて相手が見えるのだと思っています。お客様に心から安らいでいただくためにも、リラクゼーションには厳密なマニュアルが必要です。ただ、目の前で一緒に空間を共有しているお客様へ、居心地の良い明日、翌週、翌月を提供させていただくとしたら、マニュアルという決まりごとへ乗っかりながらも、お客様の『今』を正確無比に切り取るべきだと思う。

身体を預からせていただく立場として、初回とは違う『今』、前回とは違う『今』。絶えず変化し続けているお客様へ対して、私が『今』何をしてあげられるか?考えに考え抜くことが大切だと考えています。自分はまだ経験が浅いから?技術不足だから?そうじゃないですよ。目の前にいるお客様へ対して、私が『今』何をしてあげられるか?そこを根拠に必死で施術を重ねていく、何がどうなっているのか一生懸命お客様へ伝える努力をする。

淡々と楽をして綺麗に仕上げようと思うな。ただ毅然とマニュアル通りにやってお客様が満足すると思うな。どこまでも泥臭く尽くし抜いてこそ、お客様との信頼関係、セラピストとしての自分が確立されてくるのだと私は思います。

来店するお客様の足音を感じながら、お客様が入ってきた瞬間、お客様は何を見て、何を感じているか。姿勢は?仕草は?顔色は?声のトーンは?担当するんなら相手のことを全部まるごと吸収すべき。吸収しながら「さて、私はどう尽くそう?」と迷いに迷うべき。それは始まりから終わりまでずっとそうです。一寸たりとも気を抜くな。

リラクゼーションは自己完結で成し得る代物ではない。セラピストが上でも下でもない。お客様の『今』へ真剣に向き合ってこそ、成長や進化が起こるのだと。未来はお客様と一緒になって作りあげていくものだと。そう信じて、私は今日も施術しています。

みんなのてもみ 水道橋駅西口店 吉川

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム